弁護士へ依頼するメリット・デメリット

弁護士に売掛金回収を依頼する事には多くのメリットがある、とお伝えしましたが、先にデメリットを見ておきましょう。

まず、弁護士に依頼する際には当然費用が掛かります。そこは「必要経費」と割り切るべきでしょう。また、回収に失敗した場合でも成功報酬を要求される事があります。弁護士によっては回収失敗時には成功報酬は貰わない、という方もいます。売掛金回収に100%成功するという保証はどこにもない、という事実と同時に、リスクとして捉えておきましょう。以上のようなデメリットがあるにしても、弁護士へ依頼するメリットの方が数は多いです。

まず、弁護士に依頼すれば民事裁判にも対応可能です。債権回収は最悪の場合に民事裁判にまで発展しますが、弁護士は代理人として法廷に立つ事ができます。また、弁護士は問題解決のプロですから、スピーディーにかつ円満に解決可能です。素人では思いつきもしなかった選択肢が提示されます。さらに、状況に適した回収方法を選ぶ事ができます。弁護士の豊富な知識・ノウハウがそれを可能にしています。加えて、債務者に債権者の本気度が伝えられます。「本気で債権回収するからな」というプレッシャーを与えられるのです。そして、精神的に楽になります。回収処理の一切を弁護士に任せて、本業に集中する事が会社の経営にとって大切なのです。

売掛金回収を依頼

そもそも売掛金を期日までにきちんと支払う事は、商売人ならば当然の行為です。しかし取引先にも様々な事情があるため、売掛金が期日までに支払われなくて困る、といった光景は珍しくありません。その状態になると相手は「債務者」に、支払いがなくて困っているこちらは「債権者」になります。一般に、債権者の方が圧倒的に優位にあります。

ところが、です。債権回収においては債権者がいくら「支払ってください」と言っても債務者が「支払えません」を繰り返す事が多いため、優位であるはずの債権者の方がどんどん疲弊していきます。疲弊するだけでも深刻なのに、代金未払いが続くと会社の経営にも大きな悪影響が出ます。債権回収に行き詰ったら、速やかに弁護士に相談するべきなのです。

弁護士に売掛金回収を依頼すると、債務者には大きなプレッシャーが掛かります。当事者同士での話し合いでは「支払えません」を繰り返していればいい、と楽観していた債務者でも、第三者、しかも法律の専門家である弁護士が登場したら身構えます。プレッシャーに負けて債務者が支払いに応じてくれれば債権者としては万々歳ですし、仮に債務者がまだ粘ったとしても、弁護士に相談する事には非常に多くのメリットがあります。

弁護士の役割

弁護士は人々から「先生」と呼ばれます。人々がある職業の人を「先生」と呼ぶ時、そこにはある期待が込められています。例えば教師であれば「教えてもらう」、医師であれば「救ってもらう」といったような期待です。では人々が弁護士に何を期待しているのかと言うと、「助けてもらう」事です。

弁護士は法的処理のプロであり、問題解決のプロです。弁護士は人々が巻き込まれた「事件」に対し、法の専門家の立場から依頼者の利益が最大になるように動きます。病気以外の事で何か困ったらまず弁護士に相談してみる、と言っても過言ではありません。弁護士が対応する「事件」には、刑事事件と民事事件があります。刑事事件は法違反を扱う裁判で、弁護士は依頼人の「無罪」を勝ち取るためにできる限りの証拠を揃えます。一方で民事事件とは、個人間や企業間での争い事を指します。

企業間での争い事の最も分かり易い例が、「債権回収」です。債権回収とは一般的に、「債務者がまだ支払っていない代金を債権者が支払わせる事」を指します。例えば売掛金回収の場合、相手が期日までに支払わなかった売掛金の支払いを、こちらから求める行為が「債権回収」に該当するのです。

債権回収にあたっては当事者同士での交渉が行われますが、それはしばしば長期化する上になかなか進展しません。当事者同士での交渉に行き詰ったら、弁護士に相談しましょう。相談する際に費用こそ掛かるものの、弁護士に相談する事には非常に多くのメリットがあるのです。