売掛金回収を依頼

そもそも売掛金を期日までにきちんと支払う事は、商売人ならば当然の行為です。しかし取引先にも様々な事情があるため、売掛金が期日までに支払われなくて困る、といった光景は珍しくありません。その状態になると相手は「債務者」に、支払いがなくて困っているこちらは「債権者」になります。一般に、債権者の方が圧倒的に優位にあります。

ところが、です。債権回収においては債権者がいくら「支払ってください」と言っても債務者が「支払えません」を繰り返す事が多いため、優位であるはずの債権者の方がどんどん疲弊していきます。疲弊するだけでも深刻なのに、代金未払いが続くと会社の経営にも大きな悪影響が出ます。債権回収に行き詰ったら、速やかに弁護士に相談するべきなのです。

弁護士に売掛金回収を依頼すると、債務者には大きなプレッシャーが掛かります。当事者同士での話し合いでは「支払えません」を繰り返していればいい、と楽観していた債務者でも、第三者、しかも法律の専門家である弁護士が登場したら身構えます。プレッシャーに負けて債務者が支払いに応じてくれれば債権者としては万々歳ですし、仮に債務者がまだ粘ったとしても、弁護士に相談する事には非常に多くのメリットがあります。